ビルやマンションなど消防設備が設置されている防火対象物は年に2回の消防点検が必要です。
いつ起こるかわからない火災に備えるには、消防設備を適正に維持管理することが重要です。
弊社は関東を中心に南東北まで小さなマンションから40階建て以上のマンションや大規模ビル、
病院、老人福祉施設、倉庫、工場などあらゆる物件や設備に対応しています。
また、消防点検後に不具合があった場合も自社で改修することが可能です。

 弊社の点検作業員

弊社は、点検班7名と工事班3名、そして事務を兼務する女性点検員2名が在籍しています。
マンションなど共同住宅の点検は主婦の方が対応されることが多く、女性の点検員はお客様に
安心していただき、好評を得ています。
また、弊社は技術の向上のみならず、この仕事はサービス業と同じと考えて、作業服であっても
清潔な身だしなみやお客様と笑顔で接することをモットーとしています。

▼消火器具 ▼消火器具 ▼スプリンクラー設備
消火器機能点検
消火器放射訓練
ポンプ性能試験
▼自動火災報知設備 ▼非常放送設備 ▼避難器具
マンション居室内点検
非常放送鳴動試験
避難はしご降下試験
▼粉末消火設備 ▼粉末消火設備 ▼泡消火設備
容器データ確認
ホース点検と清掃
泡放出試験
▼不活性ガス消火設備 ▼不活性ガス消火設備 ▼不活性ガス消火設備
貯蔵用容器検量点検

窒素ガスにて放出試験
 放出表示灯点灯試験
▼誘導灯 ▼連結送水管 ▼点検済証
 誘導灯点検と清掃

 連結送水管耐圧試験
適正な点検の証です。 





・消防設備の点検業者を探している。
・防火対策物の点検業者を探している。
・消防署の査察で指摘を受けた。
・消火器が耐用年数経過で交換を指摘された。
・自動火災報知設備で不良を指摘された。
・避難ハッチの交換を指摘された。
・誘導灯が経年劣化で交換を指摘された。
・移動式粉末消火設備が錆びて交換が必要。
・その他、消防設備のことで困っている。