連結送水管は、竣工から10年を経過すると配管の耐圧試験が必要になります。
その後、3年毎に耐圧試験を実施する必要が有ります。
弊社は、誠実な業者さんの潟tァイアーエンジンさんと協力して連結送水管の耐圧試験を
実施しています。


清瀬市内 連結送水管耐圧試験
連結送水管耐圧試験専用車 送水口からの圧力計測


屋上テスト弁での圧力計測
※試験結果は良好でした。
連結送水管の耐圧試験時に不良とされる多くは、埋設部分の配管漏れです。
埋設部分の配管が疑わしい場合は、配管を壁を
沿って繋ぐ工法が一般的です。
もし、耐圧試験後に不良が判明した場合も弊社に
ご相談下さい。



・消防設備の点検業者を探している。
・防火対策物の点検業者を探している。
・消防署の査察で指摘を受けた。
・消火器が耐用年数経過で交換を指摘された。
・自動火災報知設備で不良を指摘された。
・避難ハッチの交換を指摘された。
・誘導灯が経年劣化で交換を指摘された。
・移動式粉末消火設備が錆びて交換が必要。
・その他、消防設備のことで困っている。