マンションの駐車場などに設置されている移動式粉末消火設備が変形や錆で
交換を指摘されていませんか?


当社は移動式粉末消火設備も自社社員で交換するため、廉価で施工できます。
交換はしなくてはならないけど、価格が・・・とお悩みなら、是非弊社にご相談下さい。

 容器弁の試験
粉末消火設備内に設置されている加圧用ガス容器とクリーニング用ガス容器の容器弁は
15年を経過すると容器弁の試験が必要となります。
さらに、「高圧ガス保安法」に則り、10年を過ぎた高圧ガス容器は容器本体の耐圧試験が
必要です。もし、粉末消火設備の容器弁試験を指摘されているなら、容器弁の試験と容器
耐圧試験を受けるより、新しい容器と交換されるほうが安くなりますので弊社にご相談下さい。

消防設備点検時に、粉末消火設備内の加圧用ガス
容器とクリーニング容器のデータを調べています。
こちらの物件は14年目ですが、格納箱も綺麗なので
来年以降に容器の交換をお勧めしています。

今回の工事は、千葉市内にあるマンションの機械式駐車場に設置されている
移動式粉末消火設備3台の交換工事です。 工事は、1日で終了しました。

移動粉末消火設備 交換前
本体に錆が発生し、標識も読み取れなくなっています。
移動粉末設備本体を撤去。
▼撤去後、新しい設備に合わせて
架台のボルト穴を開けています。
設置完了




・消防設備の点検業者を探している。
・防火対策物の点検業者を探している。
・消防署の査察で指摘を受けた。
・消火器が耐用年数経過で交換を指摘された。
・自動火災報知設備で不良を指摘された。
・避難ハッチの交換を指摘された。
・誘導灯が経年劣化で交換を指摘された。
・移動式粉末消火設備が錆びて交換が必要。
・その他、消防設備のことで困っている。