当社の消火器設置サービスなら
消火器の納品から面倒な設置と古い消火器の
引取りを一括で行います。
設置・処分・交換までお任せください。

20本以上の御注文が対象となります。
50本以上はさらにサービス!!お問い合わせください。
※19本以下の場合は交通費等、実費がかかりますので別途御見積りとなります。
※現在、在庫が少なくなっています。事前に
在庫をご確認ください







東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県・栃木県・
群馬県・茨城県

その他方面の方はご相談ください。


2011年から消火器の規格改正・点検基準改正・リサイクルシールの有料化に伴い消火器の基準が大きく変わりました。

@規格改正による型式失効
2011年1月1日から、消火器の表示ラベルの規格が変更になり、2022年からは旧型式の消火器はすべて設置ができなくなります。
※設置猶予期間は、2021年12月31まで

A点検基準改正
2011年4月1日から、製造後10年を経過した消火器は耐圧性能点検(水圧試験)が必要となります。 耐圧性能点検(水圧試験)は、高価な試験料金となりますので弊社では新品への交換をお勧めしております。

Bリサイクルシールの有料化
2011年より消火器に貼りつけるリサイクルシールが有料化となります。
当社では2011年より全ての消火器価格にリサイクルシール料金を含んでおります。



・消防設備の点検業者を探している。
・防火対策物の点検業者を探している。
・消防署の査察で指摘を受けた。
・消火器が耐用年数経過で交換を指摘された。
・自動火災報知設備で不良を指摘された。
・避難ハッチの交換を指摘された。
・誘導灯が経年劣化で交換を指摘された。
・移動式粉末消火設備が錆びて交換が必要。
・その他、消防設備のことで困っている。